« ぴんとこな 六本木ヒルズ店 | トップページ | 黄金崎 不老ふ死温泉 番外編・青森県深浦町 »

2014年12月28日 (日)

駅弁屋 踊 番外編・東京

2泊3日で東北の温泉へ♪ この時期に泊まりで旅行なんて久しぶりです。
ランチは新幹線の中で食べることになるため、東京駅の「駅弁屋 踊」で調達。
先日も利用した「駅弁屋 祭」で買おうと思ったら、ものすごい混雑だったので、そういう時はこちらの「踊」が便利ですね。


001img_2482



東北新幹線“はやぶさ”でいざ青森へヽ(*´∀`)ノ


002img_2483



目的地に合わせて、東北海鮮ちらし 1,080円(◎´∀`)ノ


003img_2484



車内でビール(300円)を買って、お友達からいただいたゆで卵も添えていただきます!


004img_2485



東京駅100周年記念ラベルのヱビスビール。なんだかおめでたいね☆彡


006img_2489



酢飯の上に、彩りよく東北の食材が並んだちらし寿司(*^-^)
肉厚のわかめ・ホタテ・〆鯖・酢蓮・蟹・海老・いくらの醤油漬・玉子焼・がり。
いくらとわかめが特に美味しい!!完全に野菜不足ですが、大満足ヽ(・∀・)ノ


005img_2486



友達からもらったゆで卵には、カラのむき方が書いてありました。
今までかなり適当にむいてましたけど、むき方なんてあるんですね。その通りにやってみたら、なるほどきれいにむけました。


008img_2491



七分茹でとの表記の通り、絶妙な茹で具合。ほどよく塩味が付いていて、玉子の旨みが生きています。


007img_2490



新青森駅からバスに乗り換えて1時間ちょっと、さらに送迎のマイクロバスに乗り換えて30分、
やっと目的地の青荷温泉に到着です。
ここはランプの宿。早めの到着だったので、まだ明るいうちにお風呂へGOGO!


078img_2554



お風呂は全部で4カ所。まずは館内にある男女別内風呂へ♪
青森県産ヒバを使い、今年の9月に新しくなった香りのい~いお風呂です。
温泉は源泉かけ流し。少しとろみのある無色透明の単純温泉です。
ヒバの浴槽から溢れ出る温泉に身を委ねる贅沢さ。たまりませんね~


058img_2513



本館を通り抜けて表に出たところに橋があり、それを渡った右手に混浴露天があります。
女性専用タイムは11:00~12:00と17:00~18:00。脱衣所は男女別にあるので安心です。


039img_2494



大きな岩風呂と、二人入れるくらいの小さな樽風呂がありました。
こちらは内湯とはまた違った源泉の単純温泉。肌へのぬめり感がもう少し強いとろとろのお湯ですね。


040img_2601



源泉の温度が43.5℃ということもあり、大きな岩風呂の方はややぬるめ。冬は40℃切るくらいになっちゃうみたいですね。
それでも加温せずそのまま源泉かけ流しにしているところ、すばらしいです!


041img_2600



小さな樽風呂だと温度が保てるのか、こちらはちょうど適温(*^-^) 最初と最後はここに入るのがベストです。
混浴ということもあり、ここは子宝の湯とも呼ばれているとか。仲良く二人で入ってみたいものですねぇ(;´∀`)


042img_2602



混浴露天のさらに先に、滝見の湯があります。


046img_2495



ここも比較的新しく、2005年10月にできたとか。上り湯からそのまま浴槽に流れる温泉が風情ありますね。
ちなみにここのお風呂にはカランやシャワーがありません。
全部こういった温泉の上り湯があって、そこから桶で湯を汲んで体や髪を洗うわけです。
ボディーソープはありますが、シャンプー・リンスはなし。髪を洗いたい場合は、シャンプー持参で行かないとダメなんです。


047img_2497



外には小さな露天風呂があります。
竜神の滝を眺めながらのーんびり入れる様になっているのですが、お湯が冷め過ぎで水風呂に近い状態(;・∀・)
内湯でよーーく体を温めてからでないと入れないと思います。


050img_2499



そんな、超ぬる湯の露天ではありますが、眺めは☆ヽ(最´∀`高)ノ★
まだ明るい空に光る月と雪景色。美しすぎますね~


052img_2541



もう一カ所のお風呂は、本館入口の手前の別棟。健六の湯という名前がついています。


061img_2515



広々として堂々としたヒバ風呂。これはすばらしいですね!
ここも別源泉の単純温泉。体が真綿に包まれたようなふわっとした浴感がたまりません。


066img_2520



女湯には半露天の浴槽が二つあって、お得感満載ヽ(・∀・)ノ


069img_2544



一段高いところにある釜風呂、これ気に行っちゃいました(*゚▽゚*)♪
ランプの向こうの雪景色といい、フレッシュなお湯を独り占めできる感じといい、ちょっとぬるめ適温で、
いつまでもいつまでも入っていたい感じです。


074img_2551



温泉をしっかり堪能してお部屋に戻ると、ランプが灯されていました。


079img_2555



部屋の窓からは、すばらしい雪景色。小さなかまくらに炎がともされて、幻想的で美しいです。


082img_2558



夕食は18:30。お腹すきましたヽ(´▽`)/ 大広間ももちろんランプの灯りのみ。
薄暗い中、ごはんと汁物はセルフサービスでいただきます。
手前の囲炉裏にはイワナの塩焼きが。一人1本、好きなのを選んで取ってくるようになっています。


087img_2571



薄暗くていまいちよく見えないけど、なかなか豪華ですね☆彡 地のものをたくさん使った郷土料理が並びます。
鴨鍋、岩魚の塩焼き、イガメンチ(イカの入ったメンチ)、具だくさんのけの汁などなど。
外国人客を意識してか、ヒラメのカルパッチョなんかもあって、楽しいお夕飯です。


089img_2577



岩魚の骨酒(2,160円)もみんなで飲みました♪ 黒石の地酒“ランプの宿”が3合入っていて、たっぷり楽しめます。
ってしかし、写真ブレブレですなぁ~(;´∀`)


097img_2584



館内には200以上のランプが灯されているのだとか。
当然テレビもなく、携帯の電波も届かず、もちろんインターネットも使えない。
そこにあるのはランプに照らされた空間と温泉だけ。時間の流れが確実に違うことを実感しました。


101img_2589



お布団敷いて(布団の上げ下ろしは自分たちでやることになっています。)温泉にまた入って、のんびりしてもまだ20時台。
ほの暗いと眠くなるのか、21時過ぎには早々に寝てしまいました(^-^;





駅弁屋 踊
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅(改札内)セントラルストリート1F
03-3213-4352
無休
5:30~21:00


ランプの宿 青荷温泉
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7
0172-54-8588


************************************
ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけたらうれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ ランチへ
にほんブログ村  ありがとうございます♪
************************************






« ぴんとこな 六本木ヒルズ店 | トップページ | 黄金崎 不老ふ死温泉 番外編・青森県深浦町 »

24. 番外編 和食」カテゴリの記事

34. 番外編 その他」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1381392/58429849

この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁屋 踊 番外編・東京:

« ぴんとこな 六本木ヒルズ店 | トップページ | 黄金崎 不老ふ死温泉 番外編・青森県深浦町 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

★★

  • ポイントアフィリエイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック